物損事故

物損事故後のご相談も大阪市鶴見区横堤の整形外科とくはらクリニックへどうぞ

物損事故として処理をした後に身体に痛みが出てきたという場合には、人身事故に切り替えて大阪市鶴見区横堤の整形外科とくはらクリニックにて保険を使って治療を受けることが出来ます。

交通事故には、「人身事故」と「物損事故」が御座います。物損事故というのは、怪我をした人はおらず、物に損害を与えてしまったというケースの交通事故のことを指します。任意保険に加入していれば物損事故で壊してしまった物に対しての補償がされます。気をつけていただきたいのが、物損事故直後は怪我をしていないと思ったけれども後から急に痛みが出てくるという場合です。こうした場合にはすぐに大阪市鶴見区横堤の整形外科とくはらクリニックで治療を始めていく必要が御座います。

「必ず警察に届け出をしましょう」
事故の程度も状況によってさまざまですが、たとえ軽い事故だと思ってもその場で示談するのではなく、必ず警察に届け出をおこないましょう。事故直後には慌ててしまって適切な対処が出来なかったということのないように警察に届けるということは忘れないようにしてください。

「後から人身事故に切り替えることも可能です」
物損事故後にしばらくしてから痛みが出てきたという場合には、人身事故に切り替えてもらうことが出来ます。その際には大阪市鶴見区横堤の整形外科とくはらクリニックの医師の診断書を警察に提出してください。そうしますと、保険会社の対人補償を受けることが出来るようになります。お手続きのご不明点など御座いましたら大阪市鶴見区横堤の整形外科とくはらクリニックへご相談ください。