たこ・魚の目

たことは、皮膚の角質が肥厚した状態です。

魚の目とは、角質層が、クサビ型に増殖し,歩行時に強い痛みがある皮膚の病気です。
魚の目には、真ん中に丸い芯(角栓)が見られます。

中心が痛みの原因なので、芯の部分を円錐形に削ります。
角質が硬い場合は、数日前からスピール膏を貼って、角質を柔らかくしてから削ります。
大きくて深さがあるものの場合には、これを何度も繰り返す必要があります。

再発しやすいので根気良く治療しましょう。