大阪市鶴見区横堤にある交通事故、むちうち、整形外科、大阪、城東区、旭区、守口市、大東市、門真市、横堤、
リハビリ、リウマチ、スポーツ整形外科などは整形外科とくはらクリニックへ。

サイトマップ

医療法人 良花会 整形外科とくはらクリニック

シミ取り

お問い合わせ・ご相談はお気軽に

医療法人 良花会 整形外科とくはらクリニック

〒538-0052 大阪市鶴見区横堤3-6-40

06-6912-7377

●休診日:土曜日午後、日曜日、祝日

[診療時間]
●平日:9:00〜12:30 / 16:30〜19:30
●土曜:9:00〜12:30

メニュー
  • トップページ
  • 当院の強み
  • 初めての方へ
  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 設備紹介
  • リクルート情報
  • 診療内容
  • サイトマップ
  • お電話はこちら

シミ取り

医療用レーザーによるシミ・くすみ取りについて

ビオラV30によるシミ・そばかす・肝斑 治療の流れ

当院では肌本来の美しさを取り戻す治療『ビオラV30』を導入しました。
ビオラV30は、VIORA社が開発した最新の美容機器です。厚生労働省より薬事承認を受けている医療機器です。
従来の機器より光の波長の選択肢が増え、出力をより細かく設定でき疾患、皮膚タイプごとに最適な波長を選択できます。
強力な冷却機能を搭載した機械なので、従来機器のより痛みの少ない治療になります。

写真

カウンセリング・予約

当院では電話での初回予約は受け付けておりません。
まずは来院して頂き診察を受けて予約を取っていただきます*保険適応外(自費)です。
医師が患者様一人一人のお肌の状態を確認し、最適な治療法を選択します。
(診察により、レーザー治療など他の治療のほうが適切であると判断する場合もあります。)
その時間帯に他の予約が入ってなければ初回診察日に施術を受けて頂ける場合もあります。

メイク落とし・洗顔

治療前に洗顔を行います。

施術

患者様に適した設定で治療を実施します。
施術部位にジェルを塗布して、照射を行っていきます。(施術時間は5分から20分くらいです。)

施術後

必要に応じて皮膚を冷却しリンデロンクリームを塗布します。

当院で治療するシミの種類 しみ・そばかす・肝斑(かんぱん)の治療を行います

シミとひとくちに言っても、その種類はさまざまです。当院で治療を行える代表的なシミの種類です。それぞれに適切な治療法があります。自己判断で対処してしまうと悪化の恐れがあるます。医師による診断を受けましょう。

老人性色素斑(いわゆるシミ)

加齢によってできるシミです。
長期間にわたり受けた紫外線ダメージが蓄積してシミとなって現れます。
特に顔や手、腕、首など紫外線などによく現れます。
シミの境目がはっきりとしているのが特徴です。
レーザー治療の対象で保険外診療となります。

写真

施術費用
直径10mmまで 4,500円+税
直径20mmまで 9,000円+税
直径30mmまで 13,500円+税

※費用は税込み表記となります。現金のみの取扱いとなります。
※初めての来院時には自費診療の初診料として別途に(1,500円)がかかります。
※治療が複数のシミの場合は個別で計算します。

そばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)

小さな斑点が鼻を中心に分布します。
多くは遺伝性で、紫外線を浴びて日焼けで悪化する場合がありますが、20代後半から薄くなることもあります。
レーザー治療の対象で保険外診療となります。

写真

施術費用
1ショット (一回のレーザー照射) 900円+税
追加のショット (追加のレーザー照射) 一回の追加につき
900円+税
顔全体 14,000円+税

※現金のみの取扱いとなります。
※初めての来院時には自費診療の初診料として別途に(1,500円)がかかります。

肝斑(かんぱん)

肝斑とは、頬に生じることが多く、主に30〜40歳代の女性に多いです。
顔を中心にシミが出現することから、悩みをもつ方が多くおられます。痛みなどといった症状はありません。
肝斑は、紫外線が原因となることが多いため、紫外線対策が重要です。
また妊娠、経口避妊薬(ピル)などと関連して引き起こされることから、女性ホルモンとの関係も指摘されています。
治療としては、ハイドロキノンと呼ばれる塗り薬の使用やトランサミン(トラネキサム酸)やシナール(ビタミンC)の内服薬を服用します。
当院ではレーザー治療の適応と考えていません(レーザー治療により悪化する場合があります)。塗り薬と内服薬での治療を行います。保険外診療となります。
たとえ他院で保険で処方を受けていた場合でも、当院では健康保険法順守の観点から健康保険を使用しての処方はできませんので御了承下さい。

当院での処方の仕方・内服方法
内服方法は1日2回、朝・夕食後に2包(シナール)と2カプセル(トランサミン)を内服します。一度に90回分を処方します。

写真

施術費用
トランサミン (トラネキサム酸) 250mg 90錠 1,300円+税
シナール (ビタミンC) 90包 900円+税
RETACNYL CREAM (トレチノイン)30g  1本 3,000円+税

※現金のみの取扱いとなります。
※初めての来院時には自費診療の初診料として別途に(1,500円)がかかります。
※2回目からは診察費用は1,000円となります。

Q&A

Q

痛みはありますか?

Q

施術後のお化粧は可能ですか?

Q

施術時間・間隔の目安は?

Q

施術に関して注意点はありますか?

Q

シナール・トラネキサム酸は毎日飲み続けていても大丈夫ですか?

Q

シナール・トラネキサム酸は他の薬との併用も大丈夫ですか?

© 整形外科とくはらクリニック All Rights Reserved.