交通事故・むち打ち治療

交通事故のお悩みは、全て当院にお任せ下さい!

当院は、交通事故後遺症の治療はもちろんのこと
交通事故にまつわるご相談にも的確に対応する事ができる
交通事故治療専門院です。

対応可能なご相談の例
現在、他の病院(整形外科・接骨院等)に通院されている方でも転院は可能です!!

このような事例に対応可能です。

交通事故後この様な症状が出ていませんか?

  • むちうち
  • 頭痛、吐き気、めまい
  • 手先、足先のしびれ
  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 背中の痛み

上記のうちひとつでも症状を抱えておられるようでしたら、専門治療が必要になります。

交通事故によるケガは後遺障害が残りやすいケガが多いため、安易に考え放置してしまうと大きな障害を被ってしまう可能性がございます。

現在、他の病院(整形外科・接骨院等)に通院されている方でも転院は可能ですので、少しでも早く交通事故専門院での的確な治療を受けられることをおすすめいたします。

整形外科とくはらクリニック 3つの安心

以下が自賠責保険による後遺症に対する賠償額の一例です。

交通事故専門治療院としての実績

当院は、優良交通事故治療院として全国交通事故治療院に認定されています。

全国交通事故治療院では、交通事故治療に特化した治療を行っている治療院を全国から厳選。
交通事故の被害に遭われた患者様に対して的確な治療を行うことにより、患者様のケガの
早期回復を目指しております。

また、専門治療を提供するだけでなく、安心して通院できる環境のご提供をお約束いたします。

交通事故治療に関する豆知識

「自賠責保険」とは?

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

被害者の保護を目的としているので、本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。被害者が請求を行う場合は保険金の請求ではなく損害賠償の請求と呼ばれますが、被害者にとっては同じ金額が補償されます。

治療費について

示談をする前であれば、患者さまの負担はありません。実費0円です。

治療期間について

平均的な治療期間は3ヶ月~4ヶ月。これはケガの程度や事故の種類によっても違います。 当院の見解を申し上げますと、比較的早い方で1週間~10日で症状は70%~80%減少します。 しかし、症状が軽減した=治癒とは言いません。治療が中途半端であったため、後々後遺症が残る方が大変多いです。交通事故治療で大事なことは「少しでも早く治療を開始すること」「症状にあわせた治療法で最後まで治療しきること」です。

慰謝料について

交通事故の被害者になってしまった方には、必ず慰謝料というものが発生致します。交通事故が原因により経済状況・生活環境の問題を生じることが考えられるため、それを補うためお支払いされるものです。通院回数が少ないと慰謝料も少なくなることがあります。

交通事故治療 Q&A

通院したい場合はどのように手続きしたらいいですか?

あらかじめ損保会社に当院の院名と連絡先を連絡して頂き、損保会社から当院に連絡があった場合は患者様の窓口負担はありません。
損保会社に連絡をする前に来院された場合は一時的に患者様から自費でお支払いただきます。 保険会社から連絡後、負担いただいた金額は全額ご返金いたします。また当院から損保会社に連絡することも可能です。

現在、他の病院や整骨院に通院しているのですが、そちらに転院することは可能ですか?

もちろん、転院可能です。そのまま来院されても構いませんが、損保会社の担当者に当院の院名と連絡先を告げてから来院して頂くのがよりスムーズです。

事故の数日後から首や腰に違和感が出てきました。受診は可能ですか?

事故直後、症状を感じないことは珍しいことではありません。しかし、日がたつごとにその症状が酷くなり治りにくくなりますので、お早めの受診をおすすめします。

症状が軽くても治療が受けられますか?

症状の軽い、重いは関係なく治療を受けることができます。症状が軽いからといってほっておいて後から症状が重くなってくることが多くあります。時間の経過とともに事故との因果関係がハッキリしなくなりますので、少しでも違和感があるようでしたらお早めの受診をおすすめします。

診断書などの各種証明書は発行してもらえますか?

警察に届け出るための証明書や、その他の証明書も負担金なしに作成します。

交通事故の治療に関して、整形外科と整骨院との違いはなんですか?

まず大きな違いは整骨院の先生は医師ではないことです。また整骨院ではレントゲンなどの正確な検査が出来ませんので「医師の診断なき診療を保険支払いの対象としない」と考えている損保会社も多く注意が必要です。損保会社から「治療費は打ち切ります。」と言われると整骨院では治療の必要性を診断できない場合があり多くの場合は治療が打ち切りになります。

治療費、補償費、慰謝料などはどうなるのでしょうか?

保険会社からの治療費の打ち切り前であれば、患者様の負担はございません。さらに後遺症が残ってしまった場合も整形外科の医師であれば後遺症診断書を書くことができます(後遺症診断書は整骨院では発行できません)。この後遺症診断書がなければ交通事故患者様に支払われるべき当然の補償、慰謝料も支払われませんので注意が必要です。

その他、交通事故についてどんなお悩みでもご相談下さい!

この他にも、お伝えできることは沢山ございます。
交通事故、後遺症に関するお悩みなら、どういったことでも結構です。
ぜひ当院へご相談ください!